フジワラ セブン モノがたり

  日々のニュースや読書、おこだわり、趣味の工作について語るブログです

6年間 続けたFacebook を止めてみて

【スポンサーリンク】

f:id:hibiki27fujiwara:20171101184427j:image

6年間、ありがとう! Facebook

 

先月10月31日をもって

ぼくは6年間続けてきたFacebookを閉じました。

 

厳密に言えば

Facebookでのグループやメッセンジャーは

活用はしていますが

今後、Facebookに投稿する事は

ありません。

1 Facebookへの感謝

しかしながらこの6年間

かけがえのない出会い、Facebookならではの

異業種の方との繋がり

また自分自身の行動範囲を広げることが

できたことなど

想い出もあります。

 

2 SNS事情

一方で増えるフォロワーさんの中には

まさに一期一会の方や

こちらからいいね!やコメントを

送っても、素っ気ない方、

 

また実は僕自身の行動に

快く思っていない方もおられ

いつかは自分の中で閉める時が来ると

ここ2年ほど感じていました。

 

昨今、Facebookだけでなく

LINE、Instagram、Twitter、Mastodonなど

さまざまなSNSがまさに

雨後の筍のように登場しています。

 

3 僕なりのSNSとの付き合い方

僕はLINE、Twitter、Instagramも使用していますが

僕なりのSNSとの付き合い方は

 

本音、好きなことはTwitter

 

この一枚!という写真はInstagram

 

どうしても繋がりたい人はLINE

 

で利用しています。

 

と、書いていくと消去法で

僕の中でのFacebookの優先度が低くなり始めました。

 

◼️ 止めると決めたのは2015年

2015年、

だんだんフォロワーさんからのいいね!が

減り

投稿もマンネリになってきて

かつてはFacebookのフォロワーさんと会う事も

楽しかったのですが

 

時間の工面も大変で、かつ

後に続かない、例えば

何かモノづくりやビジネスコンテストなど一緒に挑戦する、そのような前向きな出会いが

皆無に等しかったわけです。

 

そして少しずつTwitterやInstagramの使い方を

研究し

 

今年2017年は

 

ブログやInstagramのプラットホームとして

あくまで情報発信のために

Facebookを利用していました。

 

4 そしてこのような考えに至りました!

 

①トランプ大統領の影響でTwitterを見直した

 

あらゆるSNSの登場で

140文字で表現するTwitterの存在は一時、危ぶまれました。

 

しかし、アメリカのトランプ大統領がTwitterを主に情報発信に使っていることから

再び、Twitterが脚光を浴びた。と僕は思っています。

 

もちろんそれ以前からTwitterは使用していましたが、

手軽にニュースや趣味のことなど

1つの画面で、短い文章で知ることができることで改めてTwitterの手軽さを感じました。

 

②いいね!の数で価値は決まらない

 

やはりフォロワーが増えると

どれだけ見てもらってるのかな、と思うのは

人情というもの。

 

しかしながら、何でもかんでも

いいね!を押して

この人、本当に投稿を見ているのかな、

読んでいるのかなと思うこともしばしば。

 

Facebookをやめた理由の1つには

長文を書いてもスルーされやすく

写真1つ、または適度な自撮りは

フォローされやすいことでした。

 

つまり、真剣に何か物思うことを書いても

反応が薄いのですね。

 

③不特定多数に見られている  覚悟

 

さて、FacebookをやめてTwitterや

Instagram、そしてブログに軸足を置くことは

匿名性の高い世界が故に

 

不特定多数に見られることを覚悟しなくてはならないという事です。

 

ただFacebookをやめた理由の一つでもありますが、経済ニュースなど取り上げるだけでなく

食べた物やプラモの事など

投稿し始めた頃から

 

もっとニュースの事を分かりやすく伝える

Facebookと思ったのに、など

フォローいただいた方から意見をいただいた事もありました。

 

そして、先ほども書きましたが

Facebookですとよほどの関心がない限り

過去の投稿をみる事がない、

 

その点ブログは過去の記事も検索でき

かつ、書いた内容も修正ができる。

 

ブログなどは文章の構築に

手間がかかりますが、僕はある種の

情報発信のための文章修行と思っています。

 

不特定多数に見られる覚悟が必要ですが

攻撃的な投稿や偏向な内容は

ないよう心がけていきたいと思います。

 

④近くにいる友より遠くのカリスマ

 

LINEやTwitterなど、

すぐには会えないけれど

メッセージやリツイートする事で

反応を知る事ができる、速報性があることは

言うまでもありません。

 

僕はこのSNSの浸透により

近くにいる友達より遠くにいる

人の方が親しい場合が多く

 

何年も会ってなくとも、最近の出来事も共有できることは、ネット社会の大きな特徴だと思います。

 

そしてこれは今後も

人との繋がりを考える中、遠くにいるSNSの”友達”、個々のカリスマを

頼ることは多くなると思います。

 

何れにしても

Facebookのおかげでネットワークが広がったことは事実。

そこから何を考え、生み出すのか・・・

今後は一人一人が考えていく時代に突入したと思います。

 

付加価値のある情報発信できる個人の力

求められるのでしょう。

 

 

ちなみに

Facebook、最後の投稿をして

寂しいなどコメントをいただきました。

とても嬉しかったです。

 

投稿記事の中に

ブログのURLも記載しています。

ブログからもInstagramもTwitterも入ることができますが

今のところ、何の変化もありません笑

 

【スポンサーリンク】