フジワラ セブン モノがたり

  日々のニュースや読書、おこだわり、趣味の工作について語るブログです

フジワラセブンという名 その由来について

フジワラセブンの名のもとに

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171203164913j:image

 

この一年、フジワラセブンと名乗って、モデラーとして、またSNSにおいて活動してきました。

初めて展示会やオフ会にも参加させていただき、

少しずつ、名前も覚えていただき、ありがたい思いです。

 

さて、フジワラセブンという名前は

英語表記では fujiwara seven

漢字では 藤原 世聞 と

表記しています。

 

どうしてフジワラセブンと名乗ることにしたのか。

またその名前の由来について記しておきます。

 

⒈フジワラセブンは創作活動の総合プロジェクト名

モノづくりや創作活動が今後の生業になるかは別にして、 模型製作やモノを書くこと

で、もう一人の自分の作品などを世に残すことができたら・・・

そのような思いは数年来持っていました。

 

しかし何も作っていないため、残すどころではない。 

そうか、ならば模型をはじめ

何かを作ってから始めたらいい!最初はそう持っていました。

 

そんな時、僕が好きな春日太一さんの著書『あかんやつら』を読み

春日太一さんのTwitterのフォロワーになりました。

思わず春日さんに著書の感想と僕も創作活動がしたいなと思っています。と

コメントをしたところ、

すぐにお返事がきました。

 

そこには、一言。

”やりたいなではなく、やるか、やらないかです!”

とありました。

体に電流が走りました。

 

そうだよ!仕事の時だって、全部の準備ができてから

さ、スタートしましょ!なんてなかった!

動き始めて、走りながら考えて、いろいろ覚えて成長してきた。

 

だったら今!始めよう。 

Facebookで培った情報の発信方法を活かしながら

動きながら考えていこう。

しかもビジネスではなく、個人の活動だ!これはと。

 

そう、半ば勢いで始めました。

 

その中で決めたことは

①ハンドルネーム、ペンネームを考える

②モノを作って公開すれば反響が分かる、まずは模型、プラモで始める

③いずれは出版などメディアに登場できる準備をする

④近い未来になくなる仕事、新たに生まれる仕事がある世界で生きる術をつけよう

⑤裏付けとなる体力と知力のアップもはかる

と、

自分自身を楽しむ、自分自身を創る日々を過ごしていこう!と考えて

2017年からの3年間を

”フジワラセブン・プロジェクト”として

活動しようと決めて

 

まずは2017年1月2日から活動開始しました。

 

www.fujiwara-seven.com

 

⒉その名の由来

本名で活動も考えたのですが、

ハンドルネーム、ペンネームを考えて活動することを念頭に置いていました。

フジワラは本名ですが、当初は

全く違う名前も考えましたし、富士山が好きなので

富士原とかも・・・と思いましたが

 

特撮作品が好きなので、いつの日かウルトラマンなどのお仕事ができたらいいな

 

また2017年がウルトラセブン放送50周年だったことから

ウルトラセブン

フジワラセブン

なんとなく語呂がいい感じがしたのと

誕生日が7日なので、セブン。

007のセブン。

 

海外の人にも覚えやすいかなと

英語で表記したら

fujiwara seven

と読みやすくわかりやすいのではと、また

勝利のVICTORYのVが入っている!

 

しかもGoogleでフジワラセブンで検索しても出てくるのは

ふじみ野市のセブンイレブンくらい!

 

(注)現在ではこのブログがヒットするようになっています

 

幸い、ドメインもfujiwara sevenは誰も取得していなかったので

取得もしました。

 

藤原セブンだと、某週刊誌みたいだけどインパクトあるかも!とか思いつつ

 

2017年1月2日、薄曇りの早朝、三軒茶屋のスターバックスで、名前を決めました。

 

 

実に金融経済教育のプロ講師として活動を始めて10年目に

もう一人の自分が誕生した瞬間でした。

 

⒊漢字表記の藤原世聞について

さてこの時に、漢字の名前も考えました。

これは、少しお堅いことを考える時にも使うかなとか、

 

フジワラセブンさんって漢字ではどう書くんですか?

と聞かれた時のために

(今に至って、1回しかありませんが・・・)

 

考えたのが藤原 世聞でした。

 

これには僕の亡き母の名前を入れたかったのです。

(ちなみに僕の母は僕がとある大学で講義をしている同じ時間帯に亡くなりました

それは・・・また後日)

 

世界の世という漢字一文字が入った母の名。

 

生前、本が好きでいつかは本を書きたいと願ったこともあり一文字入れようと

決めていました。

 

はじめは違う漢字一文字を入れたかったのですが

 

フジワラセブンと決めた後でしたので、どうしようかと考えた時に

母の名の一文字、世界の世が思い浮かび

セブンの”せ” は 母の一文字である世にしようと

 

ではセブンの”ぶん” は どうするかと考えた時に

 

しゃべる自分とは対極にある、聞くという姿勢。

そう世界を、世の中を見聞きしよう! 聞くは新聞のぶん、とも読む。ならば

 

ということで

フジワラセブンの漢字表記は

藤原 世聞と 決めました。

 

これも同じく1月2日、三軒茶屋のスターバックスですんなりと。

 

今思い返しても、あれこれ迷わず決まったのが不思議でした。

 

これまでハンドルネームとか気分で変えたりしていましたが

1年間、違和感なく使ってきましたし

 

モデラーさんからもセブンさんって呼ばれることもあるので

自分でも気に入っています。

 

亡き母にいつか、何か捧げられるように

そして、講義や講演などを通じて出会った学生さんなど、

その方々に喜んでもらえることができたら!と

思っています。

⒋これからについて〜成功と勝利しか考えていない〜

現段階では、

商業ベースや公的なものに、まだフジワラセブンとして登場したことはありません。

 

モデラーとしてまだまだひよっこです。

これまでも出版のお話(これは自分のキャリアについて関心を持った)

僕の経歴から新聞の取材依頼もありましたが

諸般の事情で実現には至りませんでした。

 

なので、雑誌投稿からでも、まずは挑戦することが課題です。

 

あと、創作活動とはいえ仲間が、同志がほしい!

単なるプラモ作るなどのサークルだけでなく・・・。

 

でも僕は

成功と勝利しか考えていません。

 

失敗したら?とか、今は他者の評価とか

気にしている場合ではないのです。

 

会社にばれたら? 副業しているわけではありませんし

怒れることや批判されることを気にしていたら

 

その時点で、何事も成就しないです。

 

春日太一さんの言葉ですが

”やる”か”やらない”かしかないのです。

やってないから、デビューもしてない。

 

なので、やるならば

成功すること勝利することしか考えていません。

 

フジワラセブンと名乗っての

この一年、

悲しむことも苦しむこともあったけど

目標を持つこと、大きな夢を持つことができたことは

自分にとってかけがえのない宝の一つです。

いつも、ぼくの心に 夢をかなえた! バンダイ フィギュアライズ ドラえもん 作ってみた!

f:id:hibiki27fujiwara:20171117073105j:image

六本木ヒルズで開催されている

ドラえもん展に行ってきました

f:id:hibiki27fujiwara:20171117073344j:image

様々なアーティストが

思い思いのドラえもんを描き、ところ狭しと

展示されていました。

 

写真にあるように村上隆さんの絵が

会場入ってすぐに展示されています。

 

コンセプトアートとしては

最高の一枚です。

 

やっぱりドラえもんは夢があり、また

希望を持てる名作の一つですね。

 

ドラえもんでビジネスヒントとブログ書いてますが、また再開したいと思います。

 

さて、同時期に

バンダイから発売された

フィギュアライズシリーズ最新作

 

ドラえもん! 

f:id:hibiki27fujiwara:20171117073725j:image

同時にタイムマシン、ドラミちゃんも

発売されていますが

まずはドラえもんから

 

ありそうでなかったドラえもんのプラモデル

 

正式名称は

フィギュアライズ メカニクス ドラえもん

F igure-rise  Mechanics  ドラえもん

f:id:hibiki27fujiwara:20171117074144j:image

箱を開けると

殆ど塗装不要の

色分けされたパーツが配置されています。

 f:id:hibiki27fujiwara:20171117074158j:image

しかもドラえもんは

中のメカニックの内部構造まで立体化!

f:id:hibiki27fujiwara:20171117074212j:image

かなりリアルです!

メカニカルな構造は

小学館発行の

『決定版 ドラえもん大事典 』をもとに

再現されているというこだわりようです。

 

 

さっそく作ってみた!

f:id:hibiki27fujiwara:20171117074731j:image

 

この段階では

ややグロテスクな印象もありますが

ドラえもんの頭部です。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171117074825j:image

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171117074839j:image

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171117074855j:image

色分けされたパーツを組むこと

約2、30分でメカニカルな内部構造は

出来上がりました!

 

ドラえもんの絵描き歌に

 

丸書いてちょん、とか歌詞がありますが

そのレベルを超えてます!

f:id:hibiki27fujiwara:20171117075408j:image

裏打ちされたように

黒いパーツを裏側からはめ込むと

f:id:hibiki27fujiwara:20171117075437j:image

ひげが!

f:id:hibiki27fujiwara:20171117075457j:image

黒い目と白い目もそれぞれ

別パーツになっており、

パチンと組み合わせると

 

おお!ドラえもんだよ!ドラえもん

 

お分かりの通り、ここまで

接着剤は一切不要です。

 

すごいね!

f:id:hibiki27fujiwara:20171117075632j:image

首輪、鈴と別パーツなのですが

これだけでも

なんというかこだわりを感じますね。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171117080308j:image

そして完成

約1時間で、ドラえもんの姿に

 

ここまで塗装も接着剤も不要です。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171117080346j:image

このドラえもんのキットは

メカニック構造を見せるため

クリアのボディとアニメなどで見る

ドラえもんブルーの2種類のボディが

用意されています。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171117080447j:image

座っているようなポーズを取っていますが

 

これはタイムマシンに乗っている状態を

表現していますね。

 

これは子どもたちにも

簡単に作ることができますね!

 

ドラえもんの立体化されたフィギュアは

数多くありますが

このように

内部構造を表現したキットはありませんでした。

作っていて

楽しい時間を過ごせたように思います。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171117080447j:image

 

さて、こうなると

作るつもりなかったけれど

 

タイムマシン、やっぱり作りたいですね。

あとタイムマシンには

 

ドラえもんといえば、

のび太くんが付属されています。

 

また近いうちに。

 

このフィギュアライズ  メカニック

ドラえもん

楽しいキットです!

時を超えろ 空を駆けろ この星のため 仮面ライダーBLACK バトルホッパー メカコレ 製作記録

f:id:hibiki27fujiwara:20171106161826j:image

 

どんどんメカコレが出るたびに

ライダーの塗装の難易度は高くなります!

 

さて、メカコレ仮面ライダー シリーズ

第3弾

 

結構、作っているけど

まだ第3弾なんですね

 

仮面ライダーBLACK  バトルホッパー!

 

出ました!

バッタがバッタに乗る!

 

今となれば

ライダー自体がバイクになったり

そもそも仮面ライダーなのに

バイク乗らなかったり

電車乗ってたりと

 

当たり前になってきて

どんなコンセプトの仮面ライダーが

出てきても

驚かなくなりましたが

 

きっと、そういう意味では

仮面ライダーBLACKは

そのエポックメイキングであったと思います。

 

それゆえに今なお、人気が高く、

メカコレも新1号、V3に続いてリリースされるのは

納得でしょう。

 

 

バッタがバッタに乗ると書きましたが

 

バトルホッパー、劇中では

第1話から大活躍です!

 

そして話数を重ねる事に、主人公である

仮面ライダーBLACKこと南光太郎と

意思疎通し、

 

途中、サイ怪人にボディを突き破られますが

生体メカという設定で

自己修復機能により

裂けたボディ、折れた脚も

復元されます!

 

また

最終回1話前には

シャドームーンに

バトルホッパーは奪われて、

 

ウルウル泣とくる

仮面ライダーとマシンの友情、愛情すら感じる場面が展開されます。

 

1.箱を開けてみた

f:id:hibiki27fujiwara:20171106162623j:image

 

またしても小さな部品です。

小さいな!ホントに!

 

さて、今回は

バトルホッパーならではの

バイクアクションを表現したく

また、眼の電飾も行います。

 

2.用意するものは

 

チップLED1608  赤

ポリウレタン銅線

 

です。

 

どろぼうひげさんをはじめ、

ドロオフ  でモデラーの方々との出会いがなければ

このような小さな部品に

電飾をしようなど、思いもしなかったと思います。

 

3.最近のバンダイの特徴

f:id:hibiki27fujiwara:20171106162947j:image

メカコレ、ヤマトのアンドロメダ

または2202のヤマトなどにも採用されていますが

ランナーと部品、ゲートの間が絶妙

しかも、片側はランナーで接合されていません。

 

過去の部品ですと、全てがランナーに囲まれて

切り落としたときに

欠けてしまったり、と

余計な作業までしなくてはなりませんでしたが

 

素晴らしい金型と成型ですね

 

 4.そして仮組

f:id:hibiki27fujiwara:20171106162925j:image

あっと言う間に、仮組はできました。

バトルホッパーはカウリング以外は

一体化されています。

 

左右のパーツでエンジン部分を挟み込む

組み立て方ですね

 

このままでも

カッコいいのですが

 

見た目、バトルホッパーの色が

濃い感じもしなくもないですね。

 

5.電飾の調整

f:id:hibiki27fujiwara:20171106163337j:image

カウリングの中を少し削り落とし

チップLEDを通しています。

 

エンジン部分を這わして

後ろに配線を逃がしています。

 

ボディで挟みこむ、お手軽な作業です。

 

6.塗装

f:id:hibiki27fujiwara:20171106165945j:image

新サイクロンと比較

同じパーツを流用していない事が分かります。

 

ドレッドパターン、タイヤの成型も

よく抜けるなぁと思うほど

リアルです。

 

ディスクブレーキも丁寧に

成型されています。

スポーク、エンジンなどはファレホの銀で塗装しました。

f:id:hibiki27fujiwara:20171106170102j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20171106170122j:image

バトルホッパーのボディは

白でベースを塗り直しました。

その後に

ファレホ

黄色、青、白を混ぜて

黄緑に

 

うーん、もうちょっと

黄緑してますよね?

ルマングリーンの方がよかったのかな

 

ファレホ、すごく

隠ぺい力と伸びが良くて

筆塗りには最高の塗料ですね!

 

なんか、本物のバッタに近く

なってしまいました。

 

7.仮面ライダーBLACK

f:id:hibiki27fujiwara:20171106170346j:image

今回、仮面ライダーBLACKも

電飾することに!

f:id:hibiki27fujiwara:20171106170419j:image

まずはライディングポーズへの変更

 

さすがに新1号、新2号、ショッカーライダー

V3と4回もやると

機構や改造ポイントは分かります。

 

眼の電飾のため

あらかじめチップLEDを配線します。

f:id:hibiki27fujiwara:20171106170601j:image

配線をグルーガンで接着すると

かなりの量がパーツにかかるため

乾燥は遅いですが、木工ボンドで

接着しています。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171106170705j:image

その後、エポキシパテで

肩やひざの加工

 

 

ここで

脚の広げ方や

手首を加工しないと

バイクに跨がれない、ハンドルに

手が届かないなど

問題が発生するので、微調整が必要です!

 

頭部は

おゆまる  で型取りしてレジンで成型しています。

 

4回くらい挑戦しています。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171106170346j:image

発光させながら遮光の塗料をしていきます。

 

仮面ライダーBLACKは名前の通り

黒い仮面ライダーなので

遮光した段階で

BLACKに近づいていきます。

 

 

 8.一応の完成

f:id:hibiki27fujiwara:20171106171036j:image

ホビージャパンエクストラの

模型の撮影についての特集本を読んでいて

 

ぼくはスマホで撮影の撮って出し!なので

なかなか映える写真が撮れていないなと

反省しきりです。

 

アンテナはLEDの足ですが

うーん、これはやっぱり

真鍮線にすべきでした!

 

そして

パワーストライプ、赤と黄色の線!

 

これは塗装ではなかなかキツいものがあります。

また頭部も接写には耐えられない

遠目に見る

爆破ミニチュアな感じです。

 

一応の工作方法は

自分でもやりながら理解しました、

 

バトルホッパーのデカールもこの撮影後に

剥がれて紛失!

 

もう一度、改修していきます!

 

とりあえずは

ここまで!

 

 

 

 

6年間 続けたFacebook を止めてみて

f:id:hibiki27fujiwara:20171101184427j:image

6年間、ありがとう! Facebook

 

先月10月31日をもって

ぼくは6年間続けてきたFacebookを閉じました。

 

厳密に言えば

Facebookでのグループやメッセンジャーは

活用はしていますが

今後、Facebookに投稿する事は

ありません。

1 Facebookへの感謝

しかしながらこの6年間

かけがえのない出会い、Facebookならではの

異業種の方との繋がり

また自分自身の行動範囲を広げることが

できたことなど

想い出もあります。

 

2 SNS事情

一方で増えるフォロワーさんの中には

まさに一期一会の方や

こちらからいいね!やコメントを

送っても、素っ気ない方、

 

また実は僕自身の行動に

快く思っていない方もおられ

いつかは自分の中で閉める時が来ると

ここ2年ほど感じていました。

 

昨今、Facebookだけでなく

LINE、Instagram、Twitter、Mastodonなど

さまざまなSNSがまさに

雨後の筍のように登場しています。

 

3 僕なりのSNSとの付き合い方

僕はLINE、Twitter、Instagramも使用していますが

僕なりのSNSとの付き合い方は

 

本音、好きなことはTwitter

 

この一枚!という写真はInstagram

 

どうしても繋がりたい人はLINE

 

で利用しています。

 

と、書いていくと消去法で

僕の中でのFacebookの優先度が低くなり始めました。

 

◼️ 止めると決めたのは2015年

2015年、

だんだんフォロワーさんからのいいね!が

減り

投稿もマンネリになってきて

かつてはFacebookのフォロワーさんと会う事も

楽しかったのですが

 

時間の工面も大変で、かつ

後に続かない、例えば

何かモノづくりやビジネスコンテストなど一緒に挑戦する、そのような前向きな出会いが

皆無に等しかったわけです。

 

そして少しずつTwitterやInstagramの使い方を

研究し

 

今年2017年は

 

ブログやInstagramのプラットホームとして

あくまで情報発信のために

Facebookを利用していました。

 

4 そしてこのような考えに至りました!

 

①トランプ大統領の影響でTwitterを見直した

 

あらゆるSNSの登場で

140文字で表現するTwitterの存在は一時、危ぶまれました。

 

しかし、アメリカのトランプ大統領がTwitterを主に情報発信に使っていることから

再び、Twitterが脚光を浴びた。と僕は思っています。

 

もちろんそれ以前からTwitterは使用していましたが、

手軽にニュースや趣味のことなど

1つの画面で、短い文章で知ることができることで改めてTwitterの手軽さを感じました。

 

②いいね!の数で価値は決まらない

 

やはりフォロワーが増えると

どれだけ見てもらってるのかな、と思うのは

人情というもの。

 

しかしながら、何でもかんでも

いいね!を押して

この人、本当に投稿を見ているのかな、

読んでいるのかなと思うこともしばしば。

 

Facebookをやめた理由の1つには

長文を書いてもスルーされやすく

写真1つ、または適度な自撮りは

フォローされやすいことでした。

 

つまり、真剣に何か物思うことを書いても

反応が薄いのですね。

 

③不特定多数に見られている  覚悟

 

さて、FacebookをやめてTwitterや

Instagram、そしてブログに軸足を置くことは

匿名性の高い世界が故に

 

不特定多数に見られることを覚悟しなくてはならないという事です。

 

ただFacebookをやめた理由の一つでもありますが、経済ニュースなど取り上げるだけでなく

食べた物やプラモの事など

投稿し始めた頃から

 

もっとニュースの事を分かりやすく伝える

Facebookと思ったのに、など

フォローいただいた方から意見をいただいた事もありました。

 

そして、先ほども書きましたが

Facebookですとよほどの関心がない限り

過去の投稿をみる事がない、

 

その点ブログは過去の記事も検索でき

かつ、書いた内容も修正ができる。

 

ブログなどは文章の構築に

手間がかかりますが、僕はある種の

情報発信のための文章修行と思っています。

 

不特定多数に見られる覚悟が必要ですが

攻撃的な投稿や偏向な内容は

ないよう心がけていきたいと思います。

 

④近くにいる友より遠くのカリスマ

 

LINEやTwitterなど、

すぐには会えないけれど

メッセージやリツイートする事で

反応を知る事ができる、速報性があることは

言うまでもありません。

 

僕はこのSNSの浸透により

近くにいる友達より遠くにいる

人の方が親しい場合が多く

 

何年も会ってなくとも、最近の出来事も共有できることは、ネット社会の大きな特徴だと思います。

 

そしてこれは今後も

人との繋がりを考える中、遠くにいるSNSの”友達”、個々のカリスマを

頼ることは多くなると思います。

 

何れにしても

Facebookのおかげでネットワークが広がったことは事実。

そこから何を考え、生み出すのか・・・

今後は一人一人が考えていく時代に突入したと思います。

 

付加価値のある情報発信できる個人の力

求められるのでしょう。

 

 

ちなみに

Facebook、最後の投稿をして

寂しいなどコメントをいただきました。

とても嬉しかったです。

 

投稿記事の中に

ブログのURLも記載しています。

ブログからもInstagramもTwitterも入ることができますが

今のところ、何の変化もありません笑

 

【スポンサーリンク】
 

魔力!気力!超力!ガッツ! スーパーミニプラ勇者王ガオガイガー 全塗装に挑戦!

君たちに最新情報を公開しよう!


もはやプラモではないのか?
いやプラモだ
プラモじゃないミニプラだ
そうこれはスーパーミニプラ
勇者王ガオガイガー

高い完成度から再販も決定したが
全塗装はできるのか
いざ検証だ!

 

1 塗装に至るまでのエトセトラ

 

ということで
しかも、ぼく個人のルールとして
ラッカーは使わないはずだったのですが

ラッカー使いました。
おかげで一週間、お部屋は大変な臭気に
見舞われました。

さて、塗装しなくとも楽しめる
スーパーミニプラ、ガオガイガーですが
ガムの方がおまけです笑

いやいや全塗装について
振り返ります。


まずは仮組。
いや殆どこれでも完成ですよね。
十分、かっこいい。

だけども
ステルスガオーやファントムリングの
ヒケやゲート跡が気になるのも事実。

だいたい
このあたりで
塗装に挫折し
ガンダムマーカーでちょこちょこと
塗装、スミ入れして済ますのですが・・・

見てしまったのですよ!

こうしてゴルディマーグいじりながら

Amazonプライム・ビデオで!

全話見放題

ただしfinalは有料ですが

これ観たらね、やっぱり
全塗装したくなったわけです。


ということで、仮組。バラしました!
黄色、オレンジ、赤、黒、白と
色分けしてパーツを分割しましたが

圧倒的にオレンジのパーツ
多すぎ!

その次は黄色、金色

そして黒


もうこの後、え?
これどこのパーツだっけ?

あー!ギャレオンの爪がないい!!
と紛失も続きました。


ステルスガオーはヒケがあるので
ヤスリ240 400 600 800 と
かけました。
ドリルガオーも同じように
ヤスリかけしましたが

面のよさ、強調するためには
オススメです。


ウルテクエンジンも電飾しています。

実はドロオフ で展示したのですが
ぼくの他の電飾が
回路で点滅する中で
ガオガイガーは特に目立つことはありませんでした。

ウルテクエンジン以外で
変形など考えると電飾、難しいんですよね。

2 いざ!塗装



さて、白サフを吹きます。
大抵このあたりでヒケが取れてないことに
絶望しますが
このまま勇気で無視して
押し切りました!


ゴルディマーグの関節や
ディバイデイングドライバーは
ファレホのガンメタリック
黒と銀混ぜたものですが、塗りました。

ファレホは隠ぺい力バツグンですね!

 

オススメですよ!


もう、持ち手も猫の爪とぎも
数が足りません!


黒の部分は
セミグロスブラックを吹いてます。
ここから禁じ手のラッカーで塗装、
しかも缶スプレーです。


黒部分はセミグロスブラック

他のパーツはここから
シルバーを吹きました。


そして、赤のパーツは
クリアレッドを吹きました。
いわゆるメタリック調、キャンディ塗装。


ゴルディマーグ、ディバイデイングドライバー部分は
クリアオレンジを吹くわけですが

重ね吹きなのに
慌てて吹いてしまったために
ダマができたり、
しくじりました。

 

慌てたり、焦りは禁物ですね。

 

3 ミニプラの難点

さて、ガオガイガーに限らず
ミニプラの難点は

後ではめ込む、つまり
先に組んでしまうと塗装ができない
パーツが多いです。

ギャレオンについては銀塗装までした後に

ひたい部分をマスキングして

塗装。

その後、マスキングを外して

ヤスリがけしました。

材質の関係から

ヤスリがけは

力を入れるとパーツを削りすぎてしまいます。

f:id:hibiki27fujiwara:20171029211253j:image

 

力を入れずに

意外にすぐに継ぎ目は消えます。

 

ステルスガオーの赤ライン

当初はマスキングして塗るつもりでしたが

面倒くさくなってしまい

100円ショップで売っている

シール状のラメカラーなどのカラーシートを

切り出して貼りました。

 f:id:hibiki27fujiwara:20171029211444j:image

こんなステルス機ないよ!

と突っ込まれそうですが

まあ、勇者王なので

少し派手にしたかったのです。


このような

製作の回顧録を書いていて

思うのは、作業中の写真の撮り忘れです。

 

他の方のブログを読んでいて

え!なんでこの作業の写真がないの?とか

思った事、しばしばでしたが

 

今、こうして綴って見て

分かるような気がします。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171029211253j:image

ちなみにライナーガオーは

車輪も塗装。

肩を上げた時に内部が見えるので

組み合わせる前に

ガンダムマーカーの黒で適当に塗ってます。

シールを使わず、新幹線のラインは

油性ペンで塗ってます。

 

 

ガイガー、ギャレオンの白い部分は

 

基本はパーツの成型色ですが

パールを吹いて、そのあとスミ入れしてます。

 

 

4 ミニプラは塗装すると割れる?

ここまで書いて

よくミニプラは塗装すると割れるとありますが

ここまで全塗装しても

問題はありませんでした。

 

プライマーも吹いていません。

 

作りかけのミニプラ、キュウレンオーも

アクリジョンを塗って

半年経ちますが、割れてません。

 

 f:id:hibiki27fujiwara:20171029211419j:image

しかし慌てて作ったので

もう一度、ガオガイガーはリベンジしたいです。

ガイガーも丁寧に作りたかった!

 

再販しているので

このタイミングで再チャレンジ考えてます!

https://www.instagram.com/p/BaT1jv9gE8s/

これがこうなって、ああなってこうなった!#勇者王#全塗装#ミニプラ

【スポンサーリンク】
 

人生はじめての模型展示会 DORO☆OFFに参加して

f:id:hibiki27fujiwara:20171016193324j:image

人生ではじめての挑戦!

仕事やプライベートで皆さんも

いくつになってもはじめての挑戦は

あると思います。

 

ぼくはこのブログを始めてからの

最初の目標であった

模型展示会への参加、これを遂に果たしました!

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016193343j:image

DORO☆OFF

もう模型を作っておられる方ならば知らない人はいない、

電飾模型の匠、どろぼうひげさんと

雑誌の作例など掲載されている方々との

模型を見せ合いっこするオフ会

という名の展示会です。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016193356j:image

ぼくは四年前にヤマト2199から本格的に

模型を作り始めましたが

いつかは、DORO☆OFFの皆さんと出会いたい

できれば、この展示会に参加したいと思い続けてきました。

 

そして、今回

意を決して参加することにしました。

 

ぼくが出展した作品はともかく

2日目から参加したのですが

実は1日目の懇親会から

参加させていただきました。

 

懇親会では、当初誰とも話すことがなく

アウェー感満載でした。

 

ところが

ぼくのいたテーブルで

話し声に耳を傾けていると

 

『明日、参加するフジワラセブン さんの

作品観たかったなぁ』

 

え?ぼくのこと言ってる?

 

思わずぼくも

 

『あ、フジワラセブン です』と

挨拶したら

 

驚かれました。

 

そりゃそうですね。

明日から参加の人が、懇親会にいるわけですから笑

 

そこからトントン拍子に

参加されているモデラーの方を紹介いただきました。

 

皆さんとても気さくで

やっぱり同じ趣味をもつ方々なので

お話をしても話題が尽きることはなく

楽しいひと時でした!

 

そして迎えた2日目

 f:id:hibiki27fujiwara:20171017203142j:image

もう驚愕の連続!

しかも、雑誌で見た事のある作例や

ツイッターなどネットで見た事のある

作品の数々

はじまりは 

 

たつまるさんのドールハウス!

 

 f:id:hibiki27fujiwara:20171017203156j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20171017205054j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20171017205118j:image

また、どうやったら

こんなジオラマができるの?

という

 f:id:hibiki27fujiwara:20171017203224j:image

SOLさんの新作はあるし

f:id:hibiki27fujiwara:20171017203243j:image

ぴあにしもさんのジオラマまで!

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171017203313j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20171017205146j:image

創作意欲が湧く空間が

 

浅草橋、東商センターにはありました。

 

そうかつての

プラモ少年の夢を叶えたような

まるで文化祭のようなノリなんですね!

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016200153j:image

富山のネオさんの作品

彼は中学生

前途有望ですね

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016201014j:image

腹ペコ山男さんのリンミンメイ

 

これ見て悟りました。

 

展示会の肝心は

 

美少女

戦艦

ロボット

 

と!

これに電飾あればテッパンですよ!

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016201040j:image

 

このなおさんの

アンドロメダなんて旧キットです

 

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171017204920j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20171017204940j:image

ファニーアーツの方々の作品や

1/60くくりで

やるなんて

もう楽しすぎて!

 

 いやぁ

もう踏み込んではならない所に

踏み込んでしまいましたよ笑

f:id:hibiki27fujiwara:20171016201403j:image

静岡でもみたISOさんの

この作品

絵じゃないですよ!

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016201420j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20171016201437j:image

MASAKIさんの水没ジオラマが目の前に!

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171017203419j:image

荒川直人さんのダイオラマが!

f:id:hibiki27fujiwara:20171017203513j:image

松本州平さんの作品が

目の前にある!!

 

そしてDORO☆OFFの皆さんによる

超絶の作品群!

 f:id:hibiki27fujiwara:20171017204024j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20171017204118j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20171017204144j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20171017204202j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20171017205215j:image

 

もう、

参加してよかった!

本当に心から思いました。

 

他にも撮りきれなかった作品や

当日もなかなかお話する機会がなかった方も

多数おられます。

お詫び申し上げます。

 

何れにしても

また、挑戦したい!

モノづくりの一環として取り組んでいますが

模型の奥深さを感じました!

 

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171017204436j:image

そして、

next one

次に向かってがんばります! 

やっぱり100円ショップはジオラマの材料庫だ!!

100円ショップはジオラマ製作の宝島!

【スポンサーリンク】
 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016205837j:image

ガンダムの格納庫のジオラマ

 

実はこれ

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016205914j:image

100円ショップで買った

コンテナボックス

金網のインテリア

色画用紙の黒を合わせたものです。

 

以前もこのブログで

ジオラマ作るなら100円ショップで

これは買おう!と記事を書きました。

 

今、ダイソー、セリアでは

これまでは造形でもなかなか手に入らなかった

レジンなどの樹脂をはじめ

ジオラマ作りなどに欠かせない商品が

たくさん手に入るようになりました!

 

しかもそれがほぼ100円で手に入る!

 

すごい時代です。

 

きっとダイソーもセリアも

本来の目的とは違う使い方をしていることを

見透かしている気がします笑

いくつか紹介しましょう。

 

ただし、期間や季節によって

店頭からなくなる場合もありますので

参考程度にお読みください。

 

①鉄板風シート   カーボン調シート

f:id:hibiki27fujiwara:20171016210331j:image

ジオラマの背景や台座周りや

台座そのものに貼り付ける

打って付けのシートです。

 

ぼくも使用しましたが、展示会で

他の方の作品で使用されている物を

いくつか見かけました。

 

②コンテナボックス

f:id:hibiki27fujiwara:20171016210400j:image

ありきたりのパッチン留の

コンテナボックス

f:id:hibiki27fujiwara:20171016210422j:image

フタを開けると

モノが入りそうですが

f:id:hibiki27fujiwara:20171016210445j:image

実は手のひらサイズです。

ちょっとしたフィギュアの台座や

ヴィネットに使えそうですね

 

奥には色違いでエンジ色、青色もありました。

 

 

③トレイなどいろいろ

f:id:hibiki27fujiwara:20171016210552j:image

材質が黒色と白色では違うのですが

ちょっとしたジオラマ作りに最適です。

 

特に黒色は

底が深いものでは

9Vの電池が収まります。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016210649j:image

木箱も頑丈なのですが

穴を開けるとき、当然ながら

おがくずが出るので用途によりますね。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016210713j:image

キラキラしたジオラマを作る機会があればと

透明の台座、いやいや

小物入れも買っています。

 

④光りもの

f:id:hibiki27fujiwara:20171016210958j:image

キラキラといえば、

キラキラデコシール

これはヤマトの窓など

何かしら反射させて光りを拡散するときに

使用しています。

 

後ろのオーロラシートは

シールではありませんが

キラキラした場面などの背景に使います。

 

実際に

仮面ライダーエグゼイドのジオラマや

ハイパームテキの髪などに使用しました。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016213739j:image

床の金色と

髪にあたる部分は

オーロラシートです。

 

 光りものといえば、電飾!

f:id:hibiki27fujiwara:20171016211409j:image

このピカピカ棒は

何パターンか光の動きや速さが変わります。

基本は

赤、青、緑、赤の

4色のLEDが入っていますが

 

工夫次第で面白い効果を発揮します。

 

また5mmのオレンジ色のLED

イルミネーション、夜景

またルームライトに適した電飾装置ですが

実はこれも100円ショップの商品です。

f:id:hibiki27fujiwara:20171016211045j:image

1.5V単三電池2個で作動します。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016211126j:image

トレイ、観葉植物のつくりもの

コンクリート風の壁紙

スチレンボード、これらを使って

 

なお

アマゾンライダーと東京タワーの風景は

別に用意しました。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171016211148j:image

お手軽なジオラマを作ってみました♪

 

ダイソーやセリアの商品が

かなり充実しており、

これ以外にも電子工作や日々の生活の中でも

便利なグッズが多く

モノづくりの楽しさと

何に使えるかなと発想することが楽しくなります。

 

さて、また次の作品を考えようかな。