フジワラ セブン モノがたり

  日々のニュースや読書、おこだわり、趣味の工作について語るブログです

なんとか模型部屋を作ったぞ

f:id:hibiki27fujiwara:20180429223220j:image

連休の真っ只中

 

ブログ更新もひと月ぶりです。

花粉症や仕事など、いろいろありました。

 

さて、プラモや電子工作をする上で

もう少し効率よく作業できる部屋にならないか

仕事から帰ってきても、作業しやすい

 

いわばモチベーションの上がる部屋にならないか、常日頃考えていました。

 

それと僕は塗装が苦手ですが

ひとえに塗装する作業スペースが狭いのも

いや

工作と一緒にやっているので効率が悪いことも

感じておりました。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180429223534j:image

ビフォーです。

 

以前は窓に向かって全ての作業をしていましたが、実際に

手が動かせるのはほんのわずかのスペース

 

部品もよく落としました。

f:id:hibiki27fujiwara:20180429223841j:image

狭いです・・・

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180429223914j:image

塗装ブースも十分に場所が確保できていません

 

また、影が多く

色ムラも発生しています。

 

そこで!模様替えをはじめました

 

いろいろモデラーさんからアドバイスを受けました!

 

⑴作業スペースはカッティングマット分は

最低でも机を確保

 

⑵電気スタンドやLEDライトなど、影を作らないよう工夫

 

⑶あぐらで作業すると、腰を痛めるので

イスは必須

 

⑷コンセントなど電気系はなるべく分かりやすく、ホコリ防止のために

タコ足配線してもホコリ防止カバーのあるコンセントを使う

 

⑸塗装ブースにも光を加える

 

などなど、まだ届いてないものもありますが

いずれは集塵防止も考えています。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180429223510j:image

机を2つ

塗装と工作スペースを分ける

 

これは様々な工作教室を見学しても

塗装と工作スペース分けておられますよね

 

それを参考に、分けました。で!

f:id:hibiki27fujiwara:20180429223220j:image

アフター

こんな感じです!

f:id:hibiki27fujiwara:20180429224519j:image

塗装ブース

考えられないのは、今までの部屋では

塗装スペースを確保してなかったんです。

なお、飛沫防止のためプラダンを

壁に貼っています。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180429224623j:image

工作スペース

カッティングマット分は

何も置かないようにしています。

集塵用に

新聞紙で囲いを作り、カッティングマットを敷いてます。

 

左側にコンセント

半田ごて

ヒートペン

グルーガン

リューターを置いています。

 

またスジボリ堂さんの格言

置かせていただきました!

 

資料参考用、音楽かけたりするので

Blu-rayプレーヤーとiPad

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180429224905j:image

パソコンスペース

最近、やっていないのですが

arduino へのプログラミング

または普通の作業用です。

 

なお下には

型取り用の材料など置いています。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180429225026j:image

作業しているものは

100円ショップのバスケットや箱に入れています。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180429225100j:image

狭い部屋ですが、本棚も見られるようにしています。

ちょっと整理が必要です。

作ったプラモの置き場がらないため

本を無秩序に置いて、その分

空いたところにプラモ並べています。

 

もう少し整理します笑 

 

さて、なんとか模型部屋を作りました!

といっても断捨離と

模様替えなんですが

 

モチベーションは上がりますし

結構、同じようなものを買っていることにも

気づきました。

 

限られた時間の中で

有意義に過ごすためにも、快適な空間で

作業したいものです。

インスタ映え やっぱり写真て大事だね!撮影ブース作ってみた!

f:id:hibiki27fujiwara:20180325105326j:image

1 やっぱり写真て大事だね

 

どうもブログのアクセス数や

ツイッター、インスタグラムのいいね!が伸びない

 

そう悩んでいた時に

あるモデラーの方から

『セブンさん、アイデアはいいけど

写真の写し方を工夫すれば?』とアドバイスをいただきました。

 

そう、これまでのブログの写真は

スマホから撮って、ほとんど加工せず

撮って出しのものをアップしています

f:id:hibiki27fujiwara:20180325105548j:image

使ってる工具も、こういう写真や

f:id:hibiki27fujiwara:20180325105609j:image

新しく買ったグッズも地べたで撮影と

やってたわけです

 

僕はこれまでiPhone6いまは8ですが

いわゆるスマホのピンホールのカメラで撮影してきました

 

いくら画素数、解像度が上がったとはいえ

やっぱり写真てブログの印象を決定づけるので

とでも大事だとよく分かります

 

2 そこで作ってみた!撮影ブース

 

もう今や、撮影ブース  自作とググれば、

星の数ほど出てくるわけですが

実は一年前からやろう、やろうと思っていた

撮影ブースを作る事にしました!

 

材料はプラスチックのダンボール

いわゆるプラダンです

f:id:hibiki27fujiwara:20180325105952j:image

このプラダンを

f:id:hibiki27fujiwara:20180325110009j:image

切り出して箱を作ります

すぐに片づけられるよう

四隅はセロハンテープで固定してます

それだけです

 

プラダンは半透明なので

光をボカして通すので、撮影ブースの材料に

よく使われているようです

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180325110136j:image

できました!

1時間ほどの工作時間でした

 

3 そして撮影してみた

f:id:hibiki27fujiwara:20180325105950j:image

壁紙になるような適当な背景を

斜めにつけて

照明はLEDのライトで照らしだします

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180325110326j:image

スーパーミニプラ ライブロボ

この時点ではテーブルクロスの背景に

部屋のシーリングライトのみです

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180325110422j:image

撮影ブースにて

陰影のつくところも変わり

ライブロボの色も鮮やかです

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180325105609j:image

フルボトルも

f:id:hibiki27fujiwara:20180325110522j:image

地べたで写すより、はるかにいいですね

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180325105548j:image

お気に入りの工具の紹介も

上から撮るのでは、何を紹介したいかわからないけれど

f:id:hibiki27fujiwara:20180325110608j:image

これなら

わかりやすいですよね

f:id:hibiki27fujiwara:20180325110655j:image

食玩も

f:id:hibiki27fujiwara:20180325110707j:image

カッコいい!

f:id:hibiki27fujiwara:20180325110717j:image

ガシャポンも

f:id:hibiki27fujiwara:20180325110816j:image

パッケージも

f:id:hibiki27fujiwara:20180325110834j:image

ライティングの効果てすごいですね!

 

そりゃ女優さんやアイドルさんのまわりが

ライトだらけなのも分かるなあ!

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180325111105j:image

以前のブログで紹介した

ガオガイガーも

背景が普通の本棚でしたので

f:id:hibiki27fujiwara:20180325110930j:image

撮り直しました

ちょっと見切れてますが 笑

4 楽しい写真撮影

f:id:hibiki27fujiwara:20180325105950j:image

背景の紙や

ライトもまだまだ改善の余地ありですが

 

いやぁ、撮影ブース、照明の力て

すごいですね!

 

ちなみにカメラもデジタル一眼レフを用意しています

 

そして、少しずつ

このブログもバージョンアップさせていきます

 

ちなみに材料は

プラスチックダンボール、プラダン

サイズは

上下   たて45cm 横 50cm  これが2枚

左右   たて  40cm 横45cm    これが2枚

後ろ   たて40cm   横50cm  1枚

プラダン 2枚ほど

 

あとは蛍光灯などです。こういう取り外しできるものもアリですよね

スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー 金色の勇者王 届いた!光になれぇぇぇ!!

f:id:hibiki27fujiwara:20180323132503j:image

最近、ブログの更新がひと月一回の

月刊状態になっており

申し訳ありません。

 

ショボい作品や世の中の事を語るといいながら

この体たらく泣

少しずつ、ブログもバージョンアップしていきますので

ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます、

 

1   熱いぜ!ミニプラ

さて、スーパーミニプラ

熱いですね!

ミニプラ大全なる書籍も発行され

次から次へとリリースされています。

 

番組開始から30年の時を経て

f:id:hibiki27fujiwara:20180323132724j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20180325100624j:image

まさかの超獣戦隊ライブマンの

ライブロボまでミニプラに

そして、まもなく2号ロボ

ライブボクサーも届く!という

 

青春爆発ファイヤー!な感激の中

 

忘れてならないのは

勇者王!

 

2   迫るプレバン  攻めるミニプラ

もうプレミアムバンダイは次から次へと

商品を出すのですが、タイムラグがあるために

発送時期を忘れてしまう

f:id:hibiki27fujiwara:20180323135735j:image

 

そして、請求がアホみたいな価格になって

目ん玉飛び出る事もあります!

 

プレバンは

忘れた頃にやってくる

 

まるで格言のような状態で

Twitterにてフラゲ、着弾した方からの投稿が

 

あ!届くんだもうすぐというアラーム代わりになってます

 

さて、届きました!

勇者王ガオガイガー 金色の勇者王

f:id:hibiki27fujiwara:20180323133654j:image

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180323135831j:image

 

3  勇者王ガオガイガー 金色の勇者王

もう食玩というよりプラモですね

f:id:hibiki27fujiwara:20180323133720j:image

段ボールから気合入ってます

そうそう、最近のプレバンは

段ボールに商品名が

がっちり書いてあるので、中身がバレバレなんですね笑

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180323133858j:image

キングジェイダーもそうでした笑

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180323133923j:image

パッケージもカッコいいです!

光になれぇぇぇ!!

檜山修之さんのボイスが聴こえてきそう

 

破壊神ではなく、勇者王

商標とかまた商品のイメージから

勇者王にされたんでしょうか?

 

4  箱の中身

f:id:hibiki27fujiwara:20180323134007j:image

食玩なので、ガムが入ってます

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180323134236j:image

ギャレオン

白に相当するパーツに

パールがかった金

 

黒パーツにはパールがかった黄色が

爪の部分はカッパーという感じです。

f:id:hibiki27fujiwara:20180323134420j:image

ステルスガオー

黒の部分は同じくパールに黄色

というより薄めの金

 

赤に相当するパーツは

爪と同じくカッパー風味

f:id:hibiki27fujiwara:20180323134542j:image

台座がクリアイエローです

GGGマークて緑の印象が強いので

新鮮ですね

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180323134637j:image

ライナーガオー

以前のものと同じ金型使っているので

ディバイディングドライバーのクリアパーツが付いてます笑

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180323134930j:image

ドリルガオー

コクピットにもなるクリアパーツは

クリアイエローに

 

赤に相当するパーツはカッパー、オレンジ風味

あとは黄色、薄めの金という感じです

f:id:hibiki27fujiwara:20180323134902j:image

ドリルが別パーツで金に塗装されています

これ、ニッパーから切る時

ゲート処理など慎重にしなくてはいけませんね

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180323134747j:image

マーグハンド

これ!パーツ数が多く

全塗装の時に苦心しました!

ほとんどパールがかった

黄色、薄めの金です

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180323135204j:image

ゴルディオンハンマー

以前のものと同じ金型のため

一部、ステルスガオーⅡの部品が入ってます

ウルテックエンジンの内部など

クリアイエローになってるので

ある意味、貴重かも笑

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180323135353j:image

鬣(たてがみ)は

金メッキです

ギャレオンの顔も他のパーツと違い

赤みのある金色というのか塗装されています

 

ドリルガオーのドリルと同じ色ですね

f:id:hibiki27fujiwara:20180323135345j:image

ハンマー部分も綺麗に塗装されています

f:id:hibiki27fujiwara:20180325103309j:image

僕も以前、塗装しました

タミヤのTS84メタルゴールドを

吹きました

 

 

5  さて組み立てたいが

さて、これから組み立てようかと

思いますが

ミニプラはバンダイの最近のプラモと違い

ゲート処理に気をつけないと

ニッパーでパーツを切る時に白くなる

 

俗に言う白化してしまいます

またデザインナイフなどで削るときに

材質が柔らかいため部品が、えぐれてしまうこともあります

 

オススメなのは

f:id:hibiki27fujiwara:20180323140107j:image

スポンジやすり

力をかけずに軽くやすりをあてる事ができます

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180323140207j:image

少し高いですが

ゴッドハンドさんの

アルティメットニッパー

左から3番目のものです

 

さすが新潟は燕三条という鉄器具の町が作っただけに切れ味バツグン!

パーツの白化も防げます

 

ちなみに写真は

ゴッドハンドさんの福袋買ったら

全部ニッパーだったという笑

 

6  まだまだ続くスーパーミニプラ

f:id:hibiki27fujiwara:20180323140535j:image

そういえば、まだキングジェイダー

作っていません!

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180323140618j:image

氷竜、炎竜も!

そうこうしてるうちに

ガオファイガー

風龍、雷龍も来てしまう!!

 

どうやら勇者王ガオガイガーは

ミニプラでのリリースはまだまだ続くようです

 

個人的には

ボルフォッグが楽しみです

 

積む事だけでなく

楽しみながら作っていきます

3つのメカが一つになって!スーパーミニプラ 無敵超人ザンボット3

f:id:hibiki27fujiwara:20180223162434j:image

話題のスーパーミニプラからザンボット3が

発売されて数ヶ月

ようやく作り始めました。

 

ガオガイガーの超龍神が

完全変形でなく差し替えによる変形が

何やら、ああでもない、こうでもないと

意見があるようですが

 

何よりも今の時代に、既に放送が終了している番組のキャラクターを商品化している事に

凄さを感じたいです。

【スポンサーリンク】
 

 

1  スーパーミニプラの特徴

f:id:hibiki27fujiwara:20180223162800j:image

スーパーミニプラの特徴として、

ミニプラと違い、ヒケが多いのと

ゲート処理が目立つ事です。

 

今回は展示会を経ての初めてのプラモ作りでしたので、面取り、面出しをがんばります。

まずは

ザンベース、ザンボット3の腰から脚になるパーツですが

ヒケもありますが、スラっとした脚です。

 

念入りに面取り、面出し

つまりヤスリがけをしていきます。

 

そして黄色の翼部分も

明確に角と面があるため、ペンで線を引いて

区分しました。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180223163148j:image

結論から言っちゃうと

ザンボット3の状態にするには

ザンベースとザンブルがあればほとんど

できるんですね

 

だから箱、パッケージにも

3つのメカが一つになる、とは明記されていません。

 

この辺はどう解釈するかですが

上述のようにこの時代に

ザンボット3が発売されている事にまず

素直に喜びたいと思います。

 

実は僕、きちんとこの作品観てないんですが

Amazonプライム・ビデオで

観てる最中に

有料なっちゃったのです。

 

2 いざ ヤスリがけ

f:id:hibiki27fujiwara:20180223163456j:image

ヤスリがけは180番から始めました。

おそらく320番もしくは400番からでもよかったかなと思いましたが

なんとなく180番のザラザラが好きで

それと

肩、胸のパーツにエッジを効かせたかったのです。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180223163742j:image

今回からパーツの切り出しには

ゴッドハンドさんの

アルティメットニッパーを使用しています。

 

すごいですね、切り取っても

パーツとの切断面で白くならない!

 

手放せないツールとなりました!

 

さて、あるモデラーの方が、プラモは

表面処理つまり

ヤスリがけで決まると仰ってました。

本当そうかもしれませんね。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180223163833j:image

180番で仕上げた状態

白くなってるので、粗めのコンパウンドで磨きました。

まだまだこれからです。

f:id:hibiki27fujiwara:20180223163954j:image

再度バラして、320番までかけていきます。

気をつけないといけないのは

ミニプラなどはパーツに若干の粘度があります。

削るのでなく、磨く要領でヤスリがけをしないとパーツが削られていきます。

 

3 頭部について

f:id:hibiki27fujiwara:20180223164147j:image

かっこいい頭部ですね

顎あたりをデザインナイフで少し

とがらせています。

 

また額のバイザーもヤスリで鋭角にしています。

f:id:hibiki27fujiwara:20180223164333j:image

首のパーツの裏側に肉抜き穴がありますので

プラ板でふさぎました。

少し首を延長しようか、と考えています。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180223165347j:image

頭部、一生懸命ヤスリがけしたのですが

f:id:hibiki27fujiwara:20180223165421j:image

パーツを付けるので

意味がありませんでした!笑

 

4 その他のパーツ

f:id:hibiki27fujiwara:20180223164456j:image

ザンボット3は腰あたりにいろいろとパーツが

付いています。

いずれ塗装するのですが

赤味がアクセントになってますね。

 

だんだんヤスリがけも飽きてきました笑

f:id:hibiki27fujiwara:20180223164645j:image

気持ち程度に、翼部分にタガネで

スジボリしました。

とりあえず全体が完成したら

スジボリを増やす予定です。

 

さて、ヤスリは400番までいきました、では

合体させましょう!

 

5 ザンボット3!ゴー!

f:id:hibiki27fujiwara:20180223164823j:image

 見事なプロポーションですね!

僕は合体より

ザンボット3を優先させて作りました。

f:id:hibiki27fujiwara:20180223164922j:image

ちょっと上を見上げるように可動ができます。

f:id:hibiki27fujiwara:20180223165014j:image

ムーンアタック!

もちろんこのポーズもとれます!

 

なんか、

ごめん!終電近いから

先帰る!

て謝ってるみたいですが。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180223162434j:image

オープニングのポーズも可能。

さて、ヤスリがけ

もう少し

がんばります。そしてガオガイガーの時のように塗装もします。

 

このキット、もちろん

このままでも色が付いていますので

塗装しなくても

十分に楽しめます。

 いいね!ミニプラ、スーパーミニプラ

追憶の展示会 反省

展示会に参加しての追記です!

 

www.fujiwara-seven.com

 

さて、展示会のときに

 

僕はいくつか、やらかしたのですが

 

その一つに

f:id:hibiki27fujiwara:20180115173707j:image

僕が展示した棚の下に並ぶ

ガンプラ!

 

そして書籍

そう

ガンプラテクニカルバイブルの

著者であられる

小西和行さんの作品が並んでいます!

 

柵もなし、ケースもなしで

肉眼で!接近して!見られるんだよ!

スゲー

 

なんですが、

 

実は僕

はじめ小西さんが

何も言わず微笑みながら展示されていたのです

 

そんな中で写真のガンダムが展示されました。

f:id:hibiki27fujiwara:20180115174034j:image

◼️僕の心の声

あ!リバイブガンダム

 

リペイントしたんだ、カッコいいな!

そうそう

本に載ってたな

 

それ、実践してみたんだな!この人は

f:id:hibiki27fujiwara:20180115174227j:image

あ!チョコチップ迷彩

 

おお!ここまで作例を見て、やってんだ!

すごい

 

そして

『すごいですね!これ

本の作例見て、やってみたんですね?』

 

とそのモデラーさん(小西さん)に声をかける僕

 

小西さんは『はい!』と微笑みながら展示作業

 

いや、ここで認めてよ笑

本人ですよ!って笑

 

そして、

展示終わって

f:id:hibiki27fujiwara:20180115173707j:image

著書を置く!

 

ひぇーっ!!ご本人!作者、著者!

じゃないかぁ!

 

その後、平謝りしました!

 

小西和行さん

本当に失礼しました。

 

 

しかしながら

憧れていた

ガンダムテクニカルバイブルの著者の方と

同じ空間で展示できたことは

ありがたく、また

本当に丁寧に対応くださいました。

感謝です。

 

その上に展示させていただきましたが

本当にすいません。

 

なおその後、facebookでも交流させていただきました。

本当のプロの方は謙虚だなぁと

瀬川さん、小西さんを通じて思いました。

ブログを開始して この一年 2度目の展示会に参加

2度目の展示会に参加 FBプラモデル愛好会の展示会に参加させていただきました!

f:id:hibiki27fujiwara:20180115170625j:image

1 展示会に参加

早いものでフジワラセブンとして

ブログを立ち上げて一年経っていました。

 

しかも、一年経ってしばらくぶりのブログ更新となりました。

 

日々の出張や体調の変化など様々あって

更新が途絶えましたがここからまた再起です!

 

さて、モノづくり、モノがたりブログとして始めて一年、

自分の中でどのような変化があったのか

 

まずは

モデラーとして、展示会に出展した!

これが大きかったと思います。

 

自分の作品を他人に見てもらう、

これはなかなか興奮と言い知れぬ感動があります。

て、変な感じに聞こえますが・・・

 

2 FBプラモデル愛好会の展示会に参加

f:id:hibiki27fujiwara:20180115171004j:image

先日も秋葉原

書泉ブックタワーにて

FBプラモデル愛好会の展示会に参加させていただきました。

 f:id:hibiki27fujiwara:20180115222115j:image

この愛好会には2年前からFacebook上で入っており、展示会が年に一回あるのですが

昨年、静岡ホビーショーに出展されているものを拝見し、いつか

僕も愛好会に参加したいと思っていました。

 

3 ファーストガンダム全話再現!

今回の愛好会展示会の目玉は

ファーストガンダム全話再現!

 f:id:hibiki27fujiwara:20180115222146j:image

全44話より一人ひとりがジオラマなどの作品で再現するというものです。

 

おお!挑戦したいぞ!と思いつつも

 

どんなエピソードがあったっけ?

と思い出せないものも

 

そうこうしてきるうちに

名場面がありそうなエピソードは

どんどん常連モデラーさんで埋まっていきました。

 

僕は残ったエピソードの中から

 

コアファイター  脱出せよ

翔べ!ガンダム(主題歌ではない)

という2つのエピソードで

 

参加することにしました。

 

正直、

 

どんな話だよ笑

 

分かりませんでした。

 

そこでAmazonプライム・ビデオで

ファーストガンダムを出張の移動時間などで

観ることにしました!

 

自分の該当するエピソードだけ観ようと思っても

続きが気になり、結果

 

殆ど観ました笑

 

しかも、お!このエピソードやりたいな!

でも違うモデラーさんが挑戦されるよね

 

とか思いながら

作りました!

f:id:hibiki27fujiwara:20180115171654j:image

コアファイター  脱出せよ

コアファイターは旧キットのGアーマーに

付属しているものです。

 

コクピットはくり抜いて、でっち上げてます。

下の背景は折り紙、雲は手芸用コットンです。

 

f:id:hibiki27fujiwara:20180115171838j:image

そして

翔べ!ガンダム

 

ガンダムが跳躍力を利用して

天高く飛び、

ガルマのドップの翼を切る場面です。

 

ガンダムはRGを使用しています。

 

かなり突貫で作ったのでアラも目立ちます。

 

年末に近いさなかに喉の調子が悪く

いろいろあって、年末年始のお休みを

この作業に没頭していました。

 

4  さて、展示会に持参しました!

f:id:hibiki27fujiwara:20180115172154j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20180115172214j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20180115172233j:image

f:id:hibiki27fujiwara:20180115172252j:image

うおー!な、なんなんだ

この作品は!

もう自分が出すのが恥ずかしいくらい

それはそれは、驚愕の作品が展示されていました。

 

でも、参加して本当に

作品の運び方、作り方

モデラーさんとの交流に至るまで

とても勉強になりました。

 

やっぱり作品を仕上げるには

時間とともに技術と愛がないと

いけないな、と心から感じました。

5   MAX渡辺さん、瀬川たかしさんによる トークセッション 

2日目に

MAX渡辺さん、瀬川たかしさんによる

トークセッションがありました。

f:id:hibiki27fujiwara:20180117161903j:image

 

その際に、また前日の懇親会でも

MAX渡辺さんならおっしゃってたことに

 

上手いからと偉ぶるな

 

下手だからと卑下するな  と

 

また、

よく模型やプラモにおいて

〜道、とか修行中とか言う人もいるけれども

 

趣味なんだから楽しくやらないと

力説され、

自身のトライアスロンへの挑戦を通じて

後のビールが楽しみでやっている

ストイックにならずに楽しく

 

と言及されていたことに

希望をいただきました。

また、瀬川たかしさんと

前日の懇親会もご一緒させていただき

本当に謙虚な方で

私のようなヘボモデラーの作品も

見ていただき、お褒めの言葉をいただきました。

6   決意 

昨年12月に喉の調子が不安定で

またいろいろあって

プラモやブログもなかなか進められない時が

ありました。

 

でも、自分自身何かに挑戦したく

このブログを始め

そして二度の展示会参加で

モデラーの方々とも知り合い

間違いなく自分の作る気持ちは向上しました。

 

改めて頑張りたいと思います。

 

 

フジワラセブンという名 その由来について

フジワラセブンの名のもとに

 

f:id:hibiki27fujiwara:20171203164913j:image

 

この一年、フジワラセブンと名乗って、モデラーとして、またSNSにおいて活動してきました。

初めて展示会やオフ会にも参加させていただき、

少しずつ、名前も覚えていただき、ありがたい思いです。

 

さて、フジワラセブンという名前は

英語表記では fujiwara seven

漢字では 藤原 世聞 と

表記しています。

 

どうしてフジワラセブンと名乗ることにしたのか。

またその名前の由来について記しておきます。

 

⒈フジワラセブンは創作活動の総合プロジェクト名

モノづくりや創作活動が今後の生業になるかは別にして、 模型製作やモノを書くこと

で、もう一人の自分の作品などを世に残すことができたら・・・

そのような思いは数年来持っていました。

 

しかし何も作っていないため、残すどころではない。 

そうか、ならば模型をはじめ

何かを作ってから始めたらいい!最初はそう持っていました。

 

そんな時、僕が好きな春日太一さんの著書『あかんやつら』を読み

春日太一さんのTwitterのフォロワーになりました。

思わず春日さんに著書の感想と僕も創作活動がしたいなと思っています。と

コメントをしたところ、

すぐにお返事がきました。

 

そこには、一言。

”やりたいなではなく、やるか、やらないかです!”

とありました。

体に電流が走りました。

 

そうだよ!仕事の時だって、全部の準備ができてから

さ、スタートしましょ!なんてなかった!

動き始めて、走りながら考えて、いろいろ覚えて成長してきた。

 

だったら今!始めよう。 

Facebookで培った情報の発信方法を活かしながら

動きながら考えていこう。

しかもビジネスではなく、個人の活動だ!これはと。

 

そう、半ば勢いで始めました。

 

その中で決めたことは

①ハンドルネーム、ペンネームを考える

②モノを作って公開すれば反響が分かる、まずは模型、プラモで始める

③いずれは出版などメディアに登場できる準備をする

④近い未来になくなる仕事、新たに生まれる仕事がある世界で生きる術をつけよう

⑤裏付けとなる体力と知力のアップもはかる

と、

自分自身を楽しむ、自分自身を創る日々を過ごしていこう!と考えて

2017年からの3年間を

”フジワラセブン・プロジェクト”として

活動しようと決めて

 

まずは2017年1月2日から活動開始しました。

 

www.fujiwara-seven.com

 

⒉その名の由来

本名で活動も考えたのですが、

ハンドルネーム、ペンネームを考えて活動することを念頭に置いていました。

フジワラは本名ですが、当初は

全く違う名前も考えましたし、富士山が好きなので

富士原とかも・・・と思いましたが

 

特撮作品が好きなので、いつの日かウルトラマンなどのお仕事ができたらいいな

 

また2017年がウルトラセブン放送50周年だったことから

ウルトラセブン

フジワラセブン

なんとなく語呂がいい感じがしたのと

誕生日が7日なので、セブン。

007のセブン。

 

海外の人にも覚えやすいかなと

英語で表記したら

fujiwara seven

と読みやすくわかりやすいのではと、また

勝利のVICTORYのVが入っている!

 

しかもGoogleでフジワラセブンで検索しても出てくるのは

ふじみ野市のセブンイレブンくらい!

 

(注)現在ではこのブログがヒットするようになっています

 

幸い、ドメインもfujiwara sevenは誰も取得していなかったので

取得もしました。

 

藤原セブンだと、某週刊誌みたいだけどインパクトあるかも!とか思いつつ

 

2017年1月2日、薄曇りの早朝、三軒茶屋のスターバックスで、名前を決めました。

 

 

実に金融経済教育のプロ講師として活動を始めて10年目に

もう一人の自分が誕生した瞬間でした。

 

⒊漢字表記の藤原世聞について

さてこの時に、漢字の名前も考えました。

これは、少しお堅いことを考える時にも使うかなとか、

 

フジワラセブンさんって漢字ではどう書くんですか?

と聞かれた時のために

(今に至って、1回しかありませんが・・・)

 

考えたのが藤原 世聞でした。

 

これには僕の亡き母の名前を入れたかったのです。

(ちなみに僕の母は僕がとある大学で講義をしている同じ時間帯に亡くなりました

それは・・・また後日)

 

世界の世という漢字一文字が入った母の名。

 

生前、本が好きでいつかは本を書きたいと願ったこともあり一文字入れようと

決めていました。

 

はじめは違う漢字一文字を入れたかったのですが

 

フジワラセブンと決めた後でしたので、どうしようかと考えた時に

母の名の一文字、世界の世が思い浮かび

セブンの”せ” は 母の一文字である世にしようと

 

ではセブンの”ぶん” は どうするかと考えた時に

 

しゃべる自分とは対極にある、聞くという姿勢。

そう世界を、世の中を見聞きしよう! 聞くは新聞のぶん、とも読む。ならば

 

ということで

フジワラセブンの漢字表記は

藤原 世聞と 決めました。

 

これも同じく1月2日、三軒茶屋のスターバックスですんなりと。

 

今思い返しても、あれこれ迷わず決まったのが不思議でした。

 

これまでハンドルネームとか気分で変えたりしていましたが

1年間、違和感なく使ってきましたし

 

モデラーさんからもセブンさんって呼ばれることもあるので

自分でも気に入っています。

 

亡き母にいつか、何か捧げられるように

そして、講義や講演などを通じて出会った学生さんなど、

その方々に喜んでもらえることができたら!と

思っています。

⒋これからについて〜成功と勝利しか考えていない〜

現段階では、

商業ベースや公的なものに、まだフジワラセブンとして登場したことはありません。

 

モデラーとしてまだまだひよっこです。

これまでも出版のお話(これは自分のキャリアについて関心を持った)

僕の経歴から新聞の取材依頼もありましたが

諸般の事情で実現には至りませんでした。

 

なので、雑誌投稿からでも、まずは挑戦することが課題です。

 

あと、創作活動とはいえ仲間が、同志がほしい!

単なるプラモ作るなどのサークルだけでなく・・・。

 

でも僕は

成功と勝利しか考えていません。

 

失敗したら?とか、今は他者の評価とか

気にしている場合ではないのです。

 

会社にばれたら? 副業しているわけではありませんし

怒れることや批判されることを気にしていたら

 

その時点で、何事も成就しないです。

 

春日太一さんの言葉ですが

”やる”か”やらない”かしかないのです。

やってないから、デビューもしてない。

 

なので、やるならば

成功すること勝利することしか考えていません。

 

フジワラセブンと名乗っての

この一年、

悲しむことも苦しむこともあったけど

目標を持つこと、大きな夢を持つことができたことは

自分にとってかけがえのない宝の一つです。